もう飯食ったか?

関東のオイシイお店(ラーメン、定食)の紹介などを綴ります。

タイ・カンチャナブリ 旅行記

2017年6月タイ旅行、泰緬鉄道でアルヒル桟橋へ

投稿日:


2017年6月タイ・カンチャナブリに一人旅に行ってきたときのことです。いよいよ泰緬鉄道が発車、アルヒル桟橋を目指します。






私が乗った電車は定刻より10分ほど遅れて、カンチャナブリ駅を出発しました。乗客は白人観光客2組、韓国人のおじさん一人(この人に韓国人と間違われ、韓国語で話かけられた)、それとおそらく日本人であったであろう青年だけでした。エアコンなしの常に窓全開の車両は、停車中は蒸し変えるような暑さになりますが一旦走り出せばカンチャナブリの大自然の風が社内に立ち込めとても清々しい気分。座席は歴史を感じさせる木製の向い合わせの席。座り心地は良くはないですが、布製の座席に座るよりかはどことなく涼しい感じがします。

上のキャビネットの使用は100バーツとありますが、みんなただでバックを乗せていました。昔は有料だったのでしょうか?よくわかりません。

カンチャナブリ駅を出て5分しないうちに、昨日訪れたクウェー川鉄橋にさしかかります。列車が通過するときの様子がコチラ。

この鉄橋ですが、一日数本の列車が通るとき以外は観光客のため歩いて渡れるように解放されています。列車が通るときには線路内にいる人は線路の端にある出っ張りに立って列車を避けます。さすがに、この橋を渡るときだけは速度が歩くほどのスピードに落ちます。身体を窓から乗り出せば、大絶景。クウェー川を中で走ってるような感じです。おそらく日本でやれば速攻で駅員に注意されるであろう行為もここタイでは何の問題もありません。

クウェー川鉄橋を過ぎた後はひたすら畑やジャングルのような地帯を列車はつき進みます。




近年経済発展の目覚ましいタイ。町では大型のショッピングセンターやコンビニ、銀行やブティックが立ち並びますが、一度町を離れればこんな感じの牧歌的な風景が未だに広がっています。

途中で停車した無人駅。もし、こんな場所で降ろされたらどうなるだろうと一瞬恐怖がよぎります。写真の車は廃車になって放置されたものでなく、バリバリ現役のファミリーカー。

こんな感じの風景が続く中、カンチャナブリ駅を出発して1時間30分、とうとう目的のアルヒル桟橋のかかるタム・クラセー駅に到着です。

ここタムクラセー駅は観光名所でもあるアルヒル桟橋があることから駅の周辺にはバンガロー・屋台・土産屋などがありにぎやかな感じです。電車が停車したので降りようとすると、駅員から下車を止められます。どうやら、このタムクラセー駅、橋の先にもプラットフォームがあり電車に乗って橋を渡ってから下車できるようになっています。

電車は手前のプラットフォームで停車し、それからゆっくりと橋を渡っていきます。速度にしたら、大人が小走り程度でしょうか。ゆっくり走るのは遠くから来た観光客のために撮影の時間でもというわけでは決してない。木製の骨組みに50年前当時の土台の上に鉄のかたまりが平常のスピードで走れば壊れて転落する危険があるからであろう。




ところどころ骨組みの木が崩れてきており、いつ壊れてもおかしくないような状態。

とりあえず、降りたプラットフォーム近くの喫茶店で一休み。50バーツでココナッツアイスを注文。僻地の観光地でも50バーツと良心的な価格設定に辟易。

一休憩した後は帰りの電車が来るまでアルヒル桟橋周辺を散策です。さっき電車で渡ってきた橋は電車が通過しないときは徒歩で渡れます。

気が付いたら、自分が高所恐怖症であることを忘れていて、橋の途中で後悔。線路の幅は狭いので、人とすれ違う時は端に寄るしかありません。この橋には手すりもなければ、防護ネットもありません。落ちれば下手したら即死の高さです。対向の人とすれ違うたびに膝が笑っていました。他の観光客も高所恐怖症の人は途中で引き返してました。




洞窟に納められた仏像様。

おそらくこの橋の建設中で亡くなられた方の鎮魂のために建てられたんでしょうか。この遠く離れたカンチャナブリの地で惨憺たる事件の実行者である日本人として、自分も仏像様の前で合掌。

帰りの列車は30分ほど遅れで、タム・クラセー駅に到着。雨も降り出し列車も来ないので焦りましたが、来た道を同じ列車に乗って町まで戻ります。電車の中では坊さんの一同と合席に。坊さんたちは泰緬鉄道で亡くなれた方たちのために読経をあげにきたのではなく、この日が寺の休みだったらしく観光で遊びに来てたみたいです笑

ホテルに戻ったころにはすっかり日も暮れてました。この日は駅の周りで土日に開催されているナイトマーケットに行ってみようと思います。




 

-タイ・カンチャナブリ, 旅行記
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017年1月 スペイン・バルセロナ~南フランスの旅 ナルボンヌ観光①

2017年1月、長期休みを取得し、スペイン・バルセロナから南フランス・ナルボンヌを回る旅に行ってきました。フランス南部の町・ナルボンヌ編です。

2017年1月 スペイン・バルセロナ~南フランスの旅 アリタリア航空で行ってみた~その①~

2017年1月、長期休みを取得し、スペイン・バルセロナから南フランス・ペルピニャンを回る旅に行ってきました。 その際往路で利用したアリタリア航空についての記事です。

2017年6月 タイ旅行 バンコク→カンチャナブリへバスで移動

2017年6月タイ・カンチャナブリに一人旅に行ってきたときのことです。二日目はバンコクからカンチャナブリーの街まで移動です。

2017年6月タイ旅行、カンチャナブリで泰緬鉄道に乗車

2017年6月タイ・カンチャナブリに一人旅に行ってきたときのことです。三日目はカンチャナブリー駅から鉄道に乗って、アルヒル桟橋の周辺を散策しました。

2017年6月タイ旅行 カンチャナブリナイトマーケットでローカルフードを食す

死の鉄道に乗ってアルヒル桟橋からホテルまで戻り、この日の夜は駅周りで開かれるナイトマーケットで食事を済ませることに。